寝るときブラはAカップやAAカップでも必要?どうなの?

AカップやAAカップの人は、ナイトブラどころか、普段からつけてない場合が多いですが、大丈夫なのでしょうか?

 

これは、思春期の人の場合も似ています。
Acupなどの、バストがそれほど目立たない状態や発達途中の状態だと、「カップ付きキャミソールで十分」だと思い込んでしまっている人がケアを怠ってついつい過ごしやすい恰好を好み、何もつけずに過ごしてしまいがちになってしまいます。

 

でもこれってとっても危険な行為なんですよ!

 

思い出して!クーパー靭帯の存在を!

何度かこのサイトで話してますが、バストにはクーパー靭帯が存在します。

 

 

クーパー靭帯とは、胸が垂れないように支えています

 

クーパーはコラーゲンで形成されていて、走ったりしたときの揺れや衝撃などで簡単に切れてしまったり伸びてしまいます。

 

そして、クーパー靭帯が伸びたり切れたりしたものは二度と治りません!

 

クーパー靭帯が伸びてしまったら、その伸びきったままの状態で胸を支えていくようになるのです。

 

ということは、本来だったらツンと上を向いている胸なのに、ご年配の胸のような垂れ下がった胸になってしまう、ということです。

 

垂れる胸はEカップだろうが、Acupだろうが関係ありません。
大きい人ほど垂れる傾向は強いですが、Acupなどの小さい人だって垂れてしまっている人はいます。

 

胸がAカップで垂れてるって・・・・どう思いますか?切なくなりませんか?

 

胸のクーパー靭帯はみんな同じです。
切れたら最後。伸びたら最後。
でも簡単に切れるし簡単に伸びます。

 

こんなに恐ろしいことってないですよね。

 

そして一番クーパー靭帯が損傷しやすいのが寝ているときなんです。

だからこそ、ナイトブラでバストを守ってあげる必要があります。

 

特にAカップなど小さい人はこれからどんどん大きくなる可能性がありますし、小さいからといってケアを怠ってきたことこそがバストの成長をストップさせていたという事実に早く気づかなくてはいけません。

 

カップ付きキャミ?それは夜専用のものとは違います。付けない?論外です!

 

今からでもまだ間に合います。
Acupの方でケアを怠ってきたあなたは、今夜から、ぜひつけて寝て下さい。

 

夜専用のものをつけると基本的に2cupは大きくなる女性が多いですので、まだまだあきらめちゃダメですよ~!

 

 

ここで朗報です!
切れてしまったクーパー靭帯は元に戻りませんが、伸びてしまったクーパーは修復するかもしれないんです!

 

修復するにはどうしたらいいか?さらには切れたり伸ばしたりしないための予防策はあるのか?ということが一番知りたいですよね。

 

さっそく今からできる修復&予防策をお教えしますね。

 

  • バストのサイズに合ったブラジャーを装着する。
  • 運動時にはスポーツブラジャーでバストを守る。
  • 寝るときはナイトブラジャーでバストを守る。

そしてこれら全てに共通するのが、「ふんわりルームブラ」で全て補えてしまいます。

>>>ふんわりルームブラ公式サイトはコチラです。

 

その他のアンダー65のサイズで展開しているナイトブラはコチラにまとめてます

 

こちらは夜用ですが、日中からつけていても大丈夫なようなホールド力で作られています。
それに、つけただけで2カップから3カップもバストアップしたという人が多いことから、Acup女子にもオススメです。

 

胸が小さい人はとくに胸元が強調されるような洋服は着れませんよね。というか、さけて通ってしまいますよね。こちらの商品なら、小さな胸でもキレイに魅せてくれるんです!上記の写真の女の子もAcupなのに、憧れの谷間が作れてます!

 

今までパッドを何枚も入れてきた経験がある私にとっては理想的なバストです。自分のバストに自信が持てる日がくるなんて思ってもみませんでした。